interview

こんにちは!ワンブリッジWeb運用チームのチームリーダーを担当しております井上真弥と申します。
この度、弊社社員の紹介ページを新設させて頂きました。

弊社社員の経歴を通して、具体的にどのような経緯でこの業界に入り、どのようにキャリアを重ねて、今何ができるようになったのか、そして今後何をやっていきたいと考えているのか、求職者の方やIT業界に興味をお持ちの方への参考として少しでもお役に立てましたらこれに勝る喜びは御座いません。

ワンブリッジ
井上真弥(下段中央)

石田 皓大さん(入社3年目)

得意分野
Webアプリケーションの開発
ERPパッケージの運用・開発

資格
LPIC Level2、Java SE8 Gold、HTML5Level2、基本情報技術者

【ワンブリッジを選んだ理由】
【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】
【これからの目標】

 

【ワンブリッジを選んだ理由】

自分のスキルレベルに合わせて成長できる環境を提供してくれる

私は大学が文系であったため、プログラムやPCのスキルはほぼありませんでした。
望んだ道とは言え、そんな私がこの職業を続けていけるか自信がありませんでした。
しかし、採用情報や入社面談にて、ワンブリッジはファーストキャリアがSEでない方々多く在籍し、活躍していることを知りました。

他の会社とは違い、未経験者をプロジェクトで活躍できる人材に育てるノウハウを持っていると思いワンブリッジを選びました。

エンジニアとして尊敬できる先輩がいる

ワンブリッジはサーバ・ネットワークエンジニア、ソフトウェアエンジニアと様々な分野のエンジニアが在籍しています。
そんな中、私はソフトウェアエンジニアとして入社しました。

業務は大きく異なると思いますが、結局のところ仕事の進め方は変わらないと思っていますし、
分野の垣根を越えたマルチなエンジニアもたくさんいらっしゃいます。

そんな先輩方から仕事の進め方や、問題点の解決、キャリアプランなどのアドバイスをいただけると考えたからです。

【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】

環境に依存しないPGスキルの向上

私は1年前まで外国製のERPパッケージソフトの拡張機能の開発・保守運用を行っていました。
そこでは、独自言語を用いて開発を行い、DBの操作も背後のサーバの存在を意識せず、開発が進められるというものでした。

それに対して今は銀行系のWebアプリケーションの開発を行っています。
技術的にも大きな違いがあり、銀行のシステムでは汎用的な言語を使用して開発を行うことが多くSQLを利用する頻度も多いです。
今のプロジェクトに配属したての頃は言語仕様の違いや、複数のサーバの存在に戸惑いましたが、少しずつ慣れてきました。

PGスキルと言ってもプロジェクトによって、システムの目的や、構築手段は当然変わるので求められる技術も変わってくると思います。
ですので、多くの環境に触れることを通して、環境に依存しないPGスキルの向上ができたと思います。

【これからの目標】

より技術的な部分で成長したい

今のプロジェクトでは業務スキルが強く要求されていますが、より技術的な部分で成長できるように日々心がけたいと考えています。

業務に特化した技術を習得することは勿論大事です。
ただ、それだけではそのプロジェクトでしか生きない人材になってしまうと感じています。
SEとして魅力的な人材になるために、「この技術面白そう」「今使っているものよりよいのでは」と感じたら、進んで情報を収集するように努めていきたいと思います。

佐々木 啓介さん(入社7年目)

得意分野

NW、サーバーの設計・構築・運用・保守を経験し現在はISPでのクラウド系サービスの運用保守を担当しております。得意分野はこれまでの経験からインフラ系の設計・構築でNWではCisco、サーバーではUnixやLinuxに精通しております。

特にキャリアでの商用作業では何度も厳しい体験をしてきましたが、今では私の大切な礎となっております。

資格
CCNP、ネットワークスペシャリスト、ドットコムマスター(ダブルスター)、LPIC Level1、TOEIC×××点(半分よりは上とだけ(^^;))

 

【ワンブリッジを選んだ理由】
【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】
【これからの目標】

【ワンブリッジを選んだ理由】

面接での話ですが、どの会社でもリーマンショックの不況の中ということもあり、殺伐とした雰囲気の中で行われることが多かったのですが、ワンブリッジでの面接は、他の会社では感じることができなかったほどアットホームな雰囲気の中で行われたことを覚えております。

また、面接前の待ち時間に、本社の社員の方々と話しをする機会がありまして、色々ワンブリッジについての感想を聞いたりなど雑談をしていたのですがみなさんが明るく、ネガティブな考えをもった方がいなかったのにも驚きました。当時の他の会社と雰囲気が違った事が印象に残りました。

他にも安定した取引会社が多いことや、経験豊富な自社エンジニアからのサポート体制の万全さ、社員間のコミュニケーションづくりに社内レクが役立っているなど、社長や社員と直接話せたことで会社のイメージが具体的に掴めたことが最終的な決めてとなり、内定間近という社が数社ほどありましたが、他の会社にはお断りを入れさせて頂き、ワンブリッジで頑張ってみたいと思い入社を決断しました。

ワンブリッジの特徴の一つとして、福利厚生が充実が挙げられます。

家族手当・住宅手当などはもちろん助かっておりますが、特に資格手当は手厚く、2016年3月現在、約40種類ほどあり、よくある取得した時に支給される手当ではなく、毎月支給される支払い形式は、他の企業には無い特徴だと思いますし、頑張った分評価されることで、モチベーションの向上に繋がります。

 

【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】

資格といえば、ワンブリッジに入社してすぐにNWスペシャリストの資格取得を目指しました。

ベンダ資格のような製品独自の機能や仕様に関する出題形式ではなく、NW業界に関する様々な用語や技術が網羅的に学習できるために有用でした。

中には筆記で解答する問題もありますが、問題文から事象を読み取り、切り分けして問題の原因を特定していくという流れが、実務上でのトラブルシューティングと似ていることもあり、私もそうでしたが、特にこの業界に来られたばかりの方に是非お勧めしたい資格の一つと思っております。

他には、入社前から保持していたciscoの資格は継続して更新しております。
サーバ系の案件が続くと、どうしてもNW系の記憶が薄れてきてしまうのでそんなときの備忘録として、また、知識の偏りを防ぐために、異なる教科で更新するようにしております。

最近ではLPIC認定校になったこともあり、また実務でもLinuxがメインのため、LPICの取得へ向けた勉強と、仕事とプライベートの両方で使える英語力の維持向上を目的にTOEICにも力を入れております。
外国製ベンダ機器は日本語のマニュアルに対応していないことも多く、あとあと苦しまないためにも英語力は身に付けておいて損は無いかと思います。

基本的に、勉強時間は朝夜の通勤時間と、休日の空いた時間を利用しております。
最近はスマホを使って学べるので、隙間時間を有効に活用することもできるようになりました。

全て一度に勉強しようとすると何に手をつけて良いかわからなくなりますが、自分の場合は試験日が決まっているような資格は異なりますが、基本、毎日少量ずつ集中的に覚えることで、気負わずに続けられるようにしております。

 

【これからの目標】

現在SE業務の他に新規事業開発に参加しております。

今よりももっとワンブリッジを良くしたいという社員の集まりのため、何よりエネルギーが溢れており、日々大きな刺激を受けております。
そういった、志が高い社員が多いのも、ワンブリッジの大きな魅力の一つだと思います。

業務が忙しくて時間を割くことが難しい時もありますが、より良いものを提供するために有志活動は積極的に参加して、悔いの残らない毎日を送ることが、今の、そしてこれからの私の目標です。

 

小杉 貴宏さん(入社4年目)

得意分野
対応はセキュリティ対策全般の統括でウイルス・攻撃対策として管理サーバによる社内端末導入ウイルス対策ソフトの一元管理等を行っています。
感染端末対応としては当該ウイルス調査及び駆除や当該端末への対処及び再発防止等の策定を行い、また脆弱性診断としてWebアプリケーションに存在する脆弱性調査やサーバへのオープンポートチェック、脆弱性が存在するソフトウェア利用中の端末調査等を担当しております。

資格
CCNA、LPIC Level1 Exam 101

【ワンブリッジを選んだ理由】
【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】
【これからの目標】

【ワンブリッジを選んだ理由】

転職に向けて、IT系資格取得(CCNA、LPIC)のため、PCスクールに通っていました。
そこのスクール生徒向けの求人情報の中に、ワンブリッジがありました。

神田という馴染みのある場所(前職の勤務地も神田)と、採用条件で選びました。

また、ワンブリッジの求人情報を見た時に、不思議と「この会社で働くことになるかも」 という気持ちになったのも申し込んだ理由の一つです。
感覚的な表現になってしまいますが。。

前職は、飲食業というIT業とはかけ離れていて全くの素人だったのですが、資格を取るなどの準備でやる気を認められた事もあって快く受け入れてもらったことが就職してよかったと感じました。

業務に就いてからは、先輩方が皆、フレンドリーに接してくれたことが、素人の私としては、とても救われました。

あの当時から、先輩方には本当によくしてもらっています。

 

【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】

入社4年目の現在はお客様先でセキュリティ業務を担当しており、日々の業務を通して、 ウイルスや攻撃者の最新の動向、それらに対するセキュリティ対策等、セキュリ ティに関する知識、スキルを着実に身につけております。

セキュリティ業務を開始した当初は、私のセキュリティへの認識の甘さを痛感し たのと同時に、セキュリティ分野の奥深さを実感しました。

2020年の東京オリンピックを控え、日本の企業がサイバー攻撃の標的になる機会 が増加していくことが予想されており、現在セキュリティ関連の業務に携われていることはとてもありがたいと感じています。

最近ではサーバ構築等の業務も増えてきており、今後も更なるスキルアップを目指しつつ、お客様のご期待に沿えるよう、日々努力いたします。

 

【これからの目標】

私はお客様先での常駐業務を行っています。業務の性格上、他の社員との関係性が希薄になりがちですが、 多種多様なイベントが開催されているおかげで、社員の関係性も深まり業務の品質向上にも大きく貢献できていると感じています。

先日は私が幹事でBBQを開催しましたが、社長を始め先輩方のサポートもあり大変盛り上がりました。
お客様業務とは直接関係のない社内でのステップアップも実感しています。

今後も継続してイベントを開催し、社員の関係性の向上を図っていきたいです。
次は私が新入社員にフレンドリーに接していける先輩になる番です。

 ⇒BBQ開催時のブログへ

 

神 和磨さん(入社2年目)

得意分野
入社1年目は重機等のレンタルシステムのJAVAを使用したアプリ開発案件で基本設計からソース作成、UT動作試験まで一連の工程に携わりました。

現在は大手金融関係のお客様で外国為替システムのリプレイスプロジェクトにメンバーとして参加させて頂いています。

設計書の修正、検証(各機能間の連携)試験の試験内容の策定と、試験仕様書への落とし込み、バッチ適用試験の実施など、まだあまり主体的な仕事はできませんが少しずつでも経験積んでいきたいと思います。

資格
Java SE7 Silver

【ワンブリッジを選んだ理由】
【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】
【これからの目標】

【ワンブリッジを選んだ理由】

学生の時にプログラムを専攻していたこともあり、 プログラムという業種、それに給料面、福利厚生面で、検討した結果、 ワンブリッジに就職する事を決めました。

就職して初めに 「メールの文書の書き方」や「ホウレンソウのやり方」などの ビジネスマナーなどの基本から「Java SE 7 Programmer Silver」の資格取得の研修まで、 短い時間でたくさんの研修プログラムを受けられたため、すぐに業務になじむことが出来たと思います。

研修では、WBSを使ったスケジュール管理やガントチャート作成など実際のSE業務で使うものも含まれていて業務でも非常に役立ちました。
資格取得の研修は、かなり多くの資格が対象となっていました。

 

【入社して獲得した具体的なスキルとスキルを得るまでの過程】

私は開発系の業務に携わっているのですが、希望するキャリアパスに沿った案件に携わらせてもらえるため、 やりたいことが出来ているので 非常に充実した日々を送っています。 スキルアップしていることを実感できています。

java SE7 Silverについては無事取得しました。
資格取得に挑戦する際、WBSでの進捗管理をさせてもらったことで、勉強時間の調整やペース配分がしやすく短い期間で資格取得できました。(緊張感も維持できました)

入社して3年目になろうとしているので新たな資格を取得しようと考えています。広い知識を身に着けたいという思いがあるので今後はネットワーク系の資格を取得を目指したいと思います。

業務から離れた活動として バーベキュー、ジョギングなどのレクリエーションが定期的に開催しているので 社員間のコミュニケーションの向上に大きく貢献していると感じました。

特に就職して間もない私にとってレクリエーションをきっかけに業務でも先輩に気軽に質問したり、相談できるようになったのは大きなメリットでした。

多くの先輩方とコミュニケーションを取りたいと思うので、 今まで以上に、レクリエーションのジャンルを増やしてほしいと思います。

 

【これからの目標】

入社してから1年、2年、3年と社会人として、技術者として経験を積んでいますが、まだまだ知らない事が多く、知識を増やしていく必要があるということを痛感しています。

直近の目標は、知らなかった事を、自分の知っている知識としてたくさん吸収することです。

ワンブリッジは業務の幅が広いので、先輩方から自分の知らなかった知識を教わる事も多く、話を聞く度に新たな発見があり、非常にありがたいです。

 

 

 

ワンブリッジはLPI-Japanの公式教育機関です。アカデミック認定校ワンブリッジ
ワンブリッジはLPI-Japanの公式教育機関です。アカデミック認定校ワンブリッジ
特許関連情報
特許関連情報
社員インタビュー
社員インタビュー
社内活動 画像集
社内活動 画像集
ワン*ブログ
ワン*ブログ
採用情報
採用情報
弊社サービスの品質調査
弊社サービスの品質調査
お問い合わせ

TEL:03-5259-6100

Email

Webからお問い合わせ

プライバシーマーク認定:10823100(05)

e-Learning Initiative Japan

page top